アイルクリニック大阪院 大阪市 北区

ワキガの外科的治療には、切除法、
皮弁反転剪除法、掻爬・吸引法、電気凝固法など様々な方法が用いられています。いずれの方法も優れていますが、
確実にアポクリン汗腺の除去を望む場合は、皮弁反転剪除法が最も優れていると考えています。

この反転剪除法は、ワキの縦ジワに沿って3〜4cm程度切開を行い、
原因組織であるアポクリン汗腺やエクリン汗腺を切除します。この方法の利点として、
小さな切開で手術が行える。直接術者が汗腺を確認しながら除去するので取り残しがない。
手術時間は約1時間から一時間半程度で入院の必要はなく、日帰りでの手術が可能など、非常に侵襲の少ない治療です。
手術後は、腕を激しく動かしたりせず、可能な限り安静を保つようにします (1週間程度)。抜糸は術後2週間から20日ごろに行います。


アイルクリニック大阪院


大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル 6F
TEL:0120-891-929


http://www.biyou-houkyou.com/
posted by ワキガ治療 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワキガ治療 大阪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38234606

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。