高須クリニック 横浜市 西区

ワキガ治療の直視下摘除法(剪除法)は最も効果が高い方法で、広く行われています。
皮膚を3〜4センチ切開し、皮下組織内のアポクリン汗腺を目で確認し、これを取り除きます。
つまり、手術するドクターが直接目で確認できるのは剪除法だけで、
その結果として完治率が高くなります。
しかし一方で、アポクリン汗腺を見分ける経験や知識も必要で、
担当する医師の技量でも差が出る手術です。

高須クリニック

横浜市西区北幸1−6−1
横浜ファーストビル15F
電話045-322-1187
 

http://www.takasu.co.jp/
posted by ワキガ治療 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワキガ治療 横浜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36625449

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。